VRとは?

VRとは、「バーチャルリアリティ」の略であり、仮想現実と言い換えることもできます。VR自体はコンピューターを通じて、リアルな環境を再現することにより、自分があたかもその場所にいるかのように感じさせる技術の事を指します。

VRで一体何ができるの?

2016年には、このVRのためのゴーグルなどが数多くリリースされ、VRを活用したゲームなども続々と販売されています。ディスプレイを覗き込んでゲームをしていた今までとは異なり、これからは自分がゲームの世界に入りこんだような感覚をVRで得られるため、さまざまなゲームがVRを使用して開発されることが期待されています。

VRとARって何が違うの?

VRと似たような言葉にARがありますが、こちらは、拡張現実という言葉に言い換えることができます。VRが完全に別世界にいるような体験を与えてくれるのに対して、ARは現実世界にデバイスを通して、有益な情報を付与してくれる技術の事を指します。

ARの技術を使っているデバイスの代表例と言えば、Googleが現在開発している「GooGle Glass」でしょう。眼鏡のように気軽に装着できるヘッドマウントディスプレイで、小型カメラを搭載しているほか、GooGleのアプリケーションを使用して、地図情報を取得できるようになると言われています。現在は開発段階中ですが、実用化が待ち遠しいですね。